更年期の症状が酷い方!エクオールサプリが改善の手掛かり!

腸内フローラのバランスを改善し健康な体や更年期にも大きな影響を与えるエクオール。
この成分を自分自身の腸内細菌で作り出せる体質かどうかは、検査をすることで調べることが出来ます。

一人一人違う腸内フローラ

健康な体を維持することはあらゆる人の願いであり希望です。そしてそのために大切なのが腸内細菌のバランスを整え腸内フローラを常に善玉菌が優勢な状態にしておくことです。人間の腸内には数百種にも上るさまざまな細菌がすんでおり、小腸から大腸にかけて腸内細菌がまるで花が群生するようにまとまって種類ごとに住んでいる様子からまるでお花畑のようだというたとえによって腸内フローラと呼ばれるようになりました。おびただしい数の細菌が腸内にはすんでいるのですが、その菌の種類や数などは人によってそれぞれ異なり、それは人種や年齢、普段の生活習慣や食べ物などによっても影響を受けます。更年期になるとエクオールが少なるのでサプリがオススメ。

腸内環境が整った状態というのは腸の中で体に良い影響を与えてお腹の調子を整える働きをする乳酸菌などに代表される善玉菌、腸内で有害物質を作り出し便秘や下痢などのお腹の不調を招く原因になるウェルシュ菌などに代表される悪玉菌、そして悪玉菌にも善玉菌にも分類されず、腸内で優勢な方の菌に味方して作用する日和見菌の3種類のバランスが良い状態に保たれている状態を指します。

これらの菌のバランスの事を腸内環境と呼び、善玉菌の働きが優勢で悪玉菌が腸内に定着したり増殖したりするのを抑制する状態が腸内環境が良い状態ということになります。ただし、腸内フローラのバランスというのは常に一定なわけではなく、そのときの体調や日常的なストレスの受け方、食生活の内容などさまざまな原因によって変化するものです。そして何らかの原因により腸内環境が悪玉菌が優勢な状態に偏ってしまうと、腸内で有害物質が増え、時に便秘や下痢などを起こしたり、肌荒れや老化の促進などに繋がることになります。体調に大きな影響を与える腸内環境を改善していつも良い状態に保つためには善玉菌を積極的に補い、お腹の状態を整えておくことが求められます。乳酸菌などの善玉菌を積極的に摂るだけでなく、腸内で善玉菌が増えやすいように、善玉菌のえさとなる食物繊維を食事からたっぷりととることもとても大切になります。更年期のサプリは色々あるがエクオールでないと効果がない、エクオールを作れなくてもサプリがります。

若返り効果も期待できるエクオールの検査

若々しく健康的な体を維持し、美容面や若返りにも大きな影響を与える腸内環境ですが、女性ホルモンに似た働きをすることで知られる大豆イソフラボンは腸内細菌の働きによってエクオールというスーパーイソフラボンを作り出すことが出来ます。今ではサプリが販売されています。
この成分は女性ホルモンとよく似た働きをするため、女性ホルモンの分泌が変化する更年期の女性特有の症状を改善して苦痛をやわらげてくれる効果が確認されています。ただし、誰もが大豆イソフラボンから腸内細菌の力でこの成分を作り出せるわけではなく、日本人の場合このスーパーイソフラボンを作れるのは二人に1人程度だといわれています。女性の体は40代の中ごろから50代の中ごろくらいにかけて激減する女性ホルモンの影響で更年期障害と呼ばれるさまざまな症状が起こるようになります。突然のほてりや発汗、肩こりや頭痛、憂鬱な気分など、その症状の種類や現れ方、強さなどは人それぞれに異なります。そしてこの更年期障害の症状が重いか軽いかは腸内細菌の働きによってスーパーイソフラボンを作り出せるかどうかが大きくかかわっているといわれています。古くから大豆製品を日々の食生活の中に上手に取り入れてきた歴史を持つ日本人は、欧米人と比較するとスーパーイソフラボンを作り出せる人の割合が高いといわれています。そうなってくると自分が果たしてこの成分を自分自身の腸内細菌の働きで作り出すことができるのかどうかということが重要になってきます。自分自身がスーパーイソフラボン(エクオール)を作れる体質なのかどうかということは、現在は検査によって調べることが出来ます。問診票に記入し採尿して尿検査を受けることで比較的簡単に検査結果が判明します。これは食事から大豆を取り入れると腸内細菌によってスーパーイソフラボンに変換されて吸収されるのですが、そのための菌が腸内に無かったり活発でない場合には大豆イソフラボンのまま吸収されます。そして体に作用した後で通常は翌日には尿となって排泄されるため、尿の中にこの成分が入っていれば自分で作り出すことができるということになるというものです。更年期にはエクオールサプリを飲んで症状を和らげてはどうでしょうか